貧困脱却を実現 チベット族自治州の写真家が捉えた「幸せな一家

作者:admin 来源:未知 更新日期:2020-05-06 浏览次数:

   四川省甘孜チベット族自治州理塘県戈郷芒康村で、写真を撮る降央斯郎さん一家。 (3月22日撮影、甘孜=新華社配信)【新華社成都5月2日】中国四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州理塘(りとう)県戈郷芒康村に住む白瑪達吉さん一家が、抜けるような青空のもと、修繕を終えた自宅の前で撮った写真がある。 写真は、彼らの幸せそうな笑顔で溢れている。

   写真家の陶軍(とうぐん)さんは、貧困対策に取り組む幹部であり、写真愛好家でもある。 2年に及ぶ村の日進月歩の変化を目の当たりにしてから、貧困脱却を果たした村民たちの「幸せな一家の写真」を撮りたいという考えが脳裏に浮かんだという。 降央卓瑪さんは、若い頃に病気で医者にかかったことから負債を抱え、貧困者となった。 しかし、各方面からの支援を得た降央卓瑪さん一家は、教育医療支援などの資金援助を受けながら、自身の売店をオープンさせた。

   貧困世帯の降央斯郎さん一家4人も、2018年には、「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策を指す)による住宅支援を受け、牧畜区域から新居へ引っ越した。

   標高4200メートルの寒冷な気候の牧畜地にある芒康村は2019年末、貧困対策に取り組む幹部や村民全員の努力を経て、貧困からの脱却を果たした。

   現在の芒康村には、広い道路が敷かれ、家々の庭は整い、道端には清潔な公衆トイレが設置され、さらには飲料水も引かれている。 陶軍さんは、村は貧困から抜け出すことができたが、故郷をより良くするために努力していく、撮影も続けていくと述べた。

   (記者/康錦謙)当社のコンテンツは著作権法によって保護されます。 無断転用、複製、掲載、転載、営利目的の引用は禁じます。

(责任编辑:admin)
【字体: